あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワークについて

あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワークは、愛知県および周辺地域において、サイエンス(科学技術)コミュニケーションをおこなう大学や社会教育施設などが協力するネットワークです。この地域に、サイエンスとものづくりを気軽に楽しむ文化をつくることを目的としています。
あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワークの事務局は、名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部に置かれています。
2011年から活動をスタートさせ、毎年秋には、あいちサイエンスフェスティバルを開催しています。

あいちサイエンスフェスティバルについて、詳しくはこちらへ

あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク参加機関

名古屋大学(2011年6月~現在)
愛知県(2011年6月~現在)
豊橋技術科学大学(2011年6月~現在)
名古屋市立大学(2011年6月~現在)
名古屋市科学館(2011年6月~現在)
名古屋市東山動植物園(2011年6月~現在)
蒲郡市生命の海科学館(2011年6月~現在)
豊橋市自然史博物館(2011年6月~現在)
日本モンキーセンター(2011年6月~現在)
トヨタ産業技術記念館(2011年6月~現在)
宇宙航空研究機構 名古屋空港飛行研究拠点(2012年4月~現在)
愛知工科大学(2012年7月~現在)
自然科学研究機構 基礎生物学研究所(2012年7月~現在)
名古屋文理大学(2013年5月~現在)
三井住友銀行 SMBCパーク栄(2013年6月~現在)
愛知こどもの国(2013年9月~現在)
名古屋市鶴舞中央図書館(2014年6月~現在)
三重県総合博物館(2014年6月~現在)
大垣市文化事業団(2014年7月~現在)
名古屋工業大学(2015年4月~現在)
中部大学(2015年4月~現在)
公益財団法人 科学技術交流財団(2015年5月~現在)
愛知教育大学(2015年5月~現在)
サイエンスワールド(岐阜県先端科学技術体験センター)(2015年9月~現在)
名古屋市港防災センター(2015年9月~現在)
愛知学長懇話会(2016年2月~現在)
 

あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワークの歩み

2011年5月
独立行政法人科学技術振興機構(JST)より、科学コミュニケーション連携推進事業「地域ネットワーク支援」に採択
2011年6月
あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワークの活動開始
2011年10月
あいちサイエンスフェスティバル2011開催(10/1~11/6)
2012年9月
あいちサイエンスフェスティバル2012開催(9/29~11/4)
2013年9月
あいちサイエンスフェスティバル2013開催(9/28~11/4)
2014年3月
独立行政法人科学技術振興機構(JST)からの助成期間終了
2014年9月
あいちサイエンスフェスティバル2014開催(9/27~11/3)
2015年2月末
新HP運用開始